中心はMJ5R-EVOですが、麻雀全体、ということで。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STIL0141.jpg
LeMUメンバーの土屋師走です。

6月7日(土)。
この日はMJを打つ予定ではありましたが、
“遠征”というプランはありませんでした。
というのも、あの問題を解決しに行くために、である。

「本人に直接会いに行って、解決しに行くしかないな・・・」

そこで、前日に京都⇔大垣間【往復】の切符を購入。
9時前に出発。道中、デイリースポーツも購入。

大垣下車後はバスでアリババ(今回の行先)へ行こうとしたが、
大垣に着いたのが11時過ぎ。バスは40分まで来ず。

「30分も待ってられん!こうなりゃ歩きだ!!」

そこから、駅の北口へ行き、
まずは18号線を目指す。NAVITIMEの地図アプリを見つつ、
18号線へ。その後は池尻町を目指し、18号線を北上。
池尻町に来たら、杭瀬川方向へ曲がる。
こうして、50分ほどかけて…

ゲームハウスアリババに到着。
途中、コンビニでの一休みを挟んでいるので、
到着した時には、すでにプロリが始まっている時間でしたw

アリババは店内の真ん中に旧筐体(CRT)、
奥のやや右側に新筐体、ライブモニタは2台稼働の計10台である。
DSC03905.jpg
(写真は店内右奥)

私は来て早々に新筐体
(ライブモニタのすぐそば。一番右)に陣取った。
小一時間ほど半プロを打っていると・・・
古賀まこと2世氏
所用を済ませた[模様の]古賀まこと2世氏登場。
DSC03895_20140613005401dd7.jpgDSC03896_20140613005403463.jpg
(写真はメイン×メイン、サブ×メイン。サブ×サブは当人のブログにて)

半プロで結果(リーグ昇格昇格スコア)がなかなか出ないので、
サブで三レギュを経由したあと、メインでイベサンマ参戦w
DSC03897.jpg
最初の8試合はネタにしづらい平凡なスコア…
DSC03898.jpg
ところがその後・・・
DSC03901.jpg
DSC03902.jpg
次で70ぐらいのトップを取れば、“入賞”での予選通過まで来た。
しかし・・・
DSC03904.jpg
沈み2着でスコア上乗せできず・・・

で、当日の結果がこう。
DSC03903.jpg
結果、半プロの不振をイベサンマで返すこととなった。

19時を過ぎ、古賀氏と隣のラーメン屋にて食事。
中日スポーツが置いてあったので、
すぐさま当日の麻雀問題を確認w(6月の出題者は加藤俊輝氏…)
う~ん、やっぱり解答は合わない。
(というより、私見だが現代麻雀でこの選択をする人は殆どいないだろう)

終電が迫ってきたので、古賀氏の車にて大垣駅へ。
その前にアクアウォークへ寄る。
移動中の車内や2階に行く道中では、
古賀まこと2世氏のHNの由来が判明。
同時に私のHNの由来も伝えましたw(私はTCG関係)

2回の本屋には・・・

勝つための現代麻雀技術論勝つための現代麻雀技術論
(2014/04/09)
ネマタ、福地 誠 他

商品詳細を見る

置いてありました、1冊!


超精緻麻雀 -多角的思考による盤面把握- (マイナビ麻雀BOOKS)超精緻麻雀 -多角的思考による盤面把握- (マイナビ麻雀BOOKS)
(2014/04/15)
ASAPIN

商品詳細を見る

こちらは置いてませんでした・・・

最後にセガワールドに寄って(MJは未プレイ)大垣遠征はここまで。
DSC03906_20140613023236737.jpgDSC03907_20140613023237028.jpg

追記にて今後の麻雀問題並びにコピペについて。
(言い訳がましくなるが・・・)
・麻雀問題
今まで、中日スポーツ(以下、中スポ)や、
各種単行本から抜粋して出題していたが、
デイリースポーツ(以下、デイリー)にも
麻雀問題が掲載されているので、そちらへの移転も考えた。
だが、この移転には2つの問題がある。

1つめは出題者。デイリーでの出題者は灘麻太郎氏。
灘氏といえば、日本プロ麻雀連盟の名誉会長である。
連盟・・・この団体に所属していることが第2の問題を生む。

2つ目はルール。流石にMJの事をメインに書いている当ブログ。
灘氏が出題している問題である以上、
連盟ルール(主にAルール)に合わせないと、
当ブログにはそぐわない(MJメインのブログなのに、MFCの事を書くのも…)
と思ってしまい、移転に二の足を踏んでいる。

もっとも、中スポの問題も詳しいルールが書いていないので、
石井新一氏が出題の時は、日本スポーツ麻雀協会【公式競技規定】
あとの2人(橋本光海氏と加藤俊輝氏)は、
赤無し東南・満貫切り上げ無しを想定の基で出題していた。
というのも、同じ手牌でかつ同じ点棒状況であっても、
ルール1つで打牌が大きく変わるためであり、
出題時にはルールを表記している。
(11問目以降は赤有りは半荘・東風共にMJルール、
赤無しは協会ルールに統一してはいるが、変更も示唆している)
新雀連会長のルール+何切る本。
この本からネタを引っ張り出してきてもいいが、
その場合は日本スポーツ協会のルールを想定を上での解答となる。
もっとも、これ以外にも外部からネタを引っ張り出すことも出来るので、
ネタ元に合わせて柔軟にルールを合わせることが出来なくはない。

・コピペ
これに関しては、見易くしようと思った結果、
こういうレイアウトになってしまったのです…
本当にごめんなさいm(_ _)m
それから私は、他所のネタをヒントにブログを書くこともあります。
そこから拡張したり収縮したり・・・
とはいえ、できるだけ自分の言い回しで行っていますが(汗
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsuchiyashiwasu.blog.fc2.com/tb.php/95-e2a97fe6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。