中心はMJ5R-EVOですが、麻雀全体、ということで。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC01664.jpg
写真2枚は私の現在所持している麻雀戦術書の全てである。
(写真1枚目の一番左にあるやつは既に売却しているが・・・)

この間の大垣遠征で持っていったのは、
シンプルに勝つ! 最強小倉システム (マイナビ麻雀BOOKS)シンプルに勝つ! 最強小倉システム (マイナビ麻雀BOOKS)
(2012/11/13)
小倉 孝

商品詳細を見る

振り込み回避完全マニュアル振り込み回避完全マニュアル
(2011/09/21)
梶本 琢程

商品詳細を見る

烈火の麻雀 (バンブー・コミックス)烈火の麻雀 (バンブー・コミックス)
(2011/02/25)
武 喜仁

商品詳細を見る

の3冊。
今読む機会が多いのは小倉Pの本か。
12月頭の麻雀大会(京都・伏見桃山)もこのプロの戦法(赤無し半荘)
を取り入れ、大会に優勝した。

梶やんの本は、守備の勉強もしたいということで購入した1冊。
守備だけでなく、特定役の手作り中の切り順についても書かれている。
コラム(特に最後)も良いモノなので、見つけたら読んでみてはいかがだろうか?

3冊目はマンガではあるが、後に紹介する、
ヒサトノートの基となった漫画兼戦術書なので、
コンビニで見つけたら購入を検討してみてはどうだろうか?
(実際、私はこの本に掲載されている戦法の影響を結構受けてます)

↓2つは現在、麻雀関係の友人に貸している2冊である。
麻雀虎の穴 (マイコミ麻雀文庫)麻雀虎の穴 (マイコミ麻雀文庫)
(2010/07/28)
荒 正義

商品詳細を見る

こちらは一冊丸ごと“何切る本”。
基礎からイーシャンテン、そしてテーマ別の問題もある。
やや分厚いが文庫本サイズなので、持ち歩きも可。

超攻撃麻雀ヒサトノート (MYCOM麻雀ブックス)超攻撃麻雀ヒサトノート (MYCOM麻雀ブックス)
(2007/02/01)
佐々木 寿人

商品詳細を見る

この本は前述のマンガもそうだが、
友人に貸し出すまでは、最も読む機会が多かった戦術本で、
今もフリーに行くと、メンバーから『読みたい』と声がかかることの多い書物である。

近々購入しようと思っている書物もあって、
麻雀 魔神の読み (マイナビ麻雀BOOKS)麻雀 魔神の読み (マイナビ麻雀BOOKS)
(2012/09/13)
渋川 難波

商品詳細を見る
最強デジタル麻雀 (マイコミ麻雀BOOKS)最強デジタル麻雀 (マイコミ麻雀BOOKS)
(2009/03/25)
小倉 孝

商品詳細を見る

この2冊の購入も検討していますw(渋川Pの戦術書はramiel105氏が購入済)

まぁ、古賀氏のブログに『もはや(麻雀が)生活の一部』といわれていたので、
まだまだ戦術書を読み漁って勉強し、
良さそうだなと思った部分は取り入れていこうかと思っております。

来年は2月に日本OP(協会)の予選会が京都で行われるので、
そこから始動することになるのかな。では、今回はここまで。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsuchiyashiwasu.blog.fc2.com/tb.php/30-f1a7fd9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。