中心はMJ5R-EVOですが、麻雀全体、ということで。

2001/01123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STIL0123_20140718201758171.jpg
LeMUメンバーの土屋師走です。
では、前回の麻雀問題の正解発表と、コメ返しです。

前回の問題は…
・第15問(出題元:石井新一【日本スポーツ麻雀協会会長】著・麻雀は娯楽
ルールは、日本スポーツ麻雀公式競技規定を採用いたします。

東場は毎回のように手が重く、
そのため防戦一方に回らされて出番なしだった。
しかし南場に入った途端、ガラリと手が変わり、
連続して子満(8000)を、しかもツモアガリ。
最下位だったのが一気に2位にまで浮上、
トップ北家まであと3000点に詰めて迎えた南3局の南家。
さあ、この勢いでもうひとアガリしておきたい。

二筒三筒四筒四筒四筒六筒七筒七筒七筒北北北西
出る
五筒ドラ二索

図はそんな思いの南家の手牌で今回も好調なようだ。
そこへ10巡目に上家から5pが出てきたが、
さてチーかそれともメンホンか。
出題者である日本スポーツ麻雀協会会長・石井新一氏によると

ドラ無しのバカホン、食いを入れては安手となってしまう。
しかし同じバカホンでも面前であれば違う。
ましてこの手、アンコが3つ出来上がっているので、
メンホンで仕上げれば四暗刻も夢ではない。


なので、正解はスルー(メンホン)

さて、ここからは“師走の眼”。
(このコーナーでは、私土屋師走が独断と偏見
ウダウダと自論を垂れ流していくコーナーですw)
師走の”眼”
オーラストップアガリやめのルールがあるのなら、
この5pをチーするという手もあるので、
ここを捌き、オーラスで決着を付けに行くという方法もある。

しかし、今回は競技ルールのため、上記の方法は使えない。
(そもそも、競技麻雀にアガリ止めは存在しない)
となると、ここは高得点のチャンスを活かしたいところ。

牌理は、問題を解答された氏のコメントをそのまま引用させていただく。

チーテンでは67でチー西切り3面待ち(1-4-7ピン最大3種6枚)2000点 
46でチー西切り2面待ち(1-4ピン最大2種5枚)2600点の選択しかなく、
トップをほぼ決められるアガリにはなりません。
(前提として北アンカンやそれに伴うドラの増加などには期待していません。)

一方でメンホンなら145678ピン西の最大8種19枚加えて146ピン西を引けば三暗刻を狙え、跳満も見える。
ダマでも最低6400点を確保でき、待ちも幅広く選択可能です。
また満貫、跳満をあがればこの試合トップで終了できる可能性がグンと高まります。

鳴くとすれば暗刻がダブ南だったらの場合に限ります。(4ハン30符以上確保可能なため)


コメ返し
>yo ★鰡夢嬢★氏
前回に引き続き解答コメントありがとうございますm(_ _)m
今回、採用したルールでは、
一発、裏ドラ、槓ドラ、赤ドラはないので、
仮に北を暗槓しても、槓ドラはめくられませんがね。
ここはがっちり高得点を取って、オーラスの親を少しでも有利な状況で迎えたいものですな。

AQUACUP及び、納涼イベント、
また近麻CUPについては来週から少しずつ執筆していく予定です。
それではまた。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tsuchiyashiwasu.blog.fc2.com/tb.php/105-102bd311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。