中心はMJ5R-EVOですが、麻雀全体、ということで。

2014/051234567891011121314151617181920212223242526272829302014/07

(現在の)MJ5R-EVO(2014.9.30更新)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STIL0158.jpg
LeMUメンバーの土屋師走です。
先日、麻雀問題の記事で気になる記事を見かけた。

一般麻雀で強いと言われている打ち手も、
多くのケースで競技麻雀ではただの人になる。
逆に競技麻雀の強者も一般麻雀では凡人に成り下がる。


同じ麻雀なのになぜ?

答えはルールが違うから。

一般麻雀には一発裏ドラ、つまり不確定要素が多い。
一説によると、弱者でも強者に勝てるよう考案されたらしい。

三萬四萬六萬六萬四筒五筒九筒九筒九筒五索五索五索六索ツモ六筒ドラ白
では、図の手牌、競技麻雀ならどう構えるべきか?
東1局の西家、5巡目として、何を打ち、何を狙うべき?

これは6月21日に発行された、
中日スポーツの麻雀問題(出題者:加藤俊輝)である。
(LeMU内戦の日にデイリースポーツと一緒に購入しました)

早速だが、加藤氏の解答はこうだ。

一般麻雀なら打6s、リーチでもいいだろう。
ただ、競技麻雀では額面1300点(実際は1600点)リーチは筋悪の典型。
5m・4sと特定の牌は必要になるが、三色にこだわり打6m。


今回は一発・裏無しの競技ルールなので、
打点を上げようと思うと、どうしても手役重視の重い麻雀を打たなければならない。
ここからリーチをしたところで1600点
(ツモなら、700・1300)より上に行く事は殆どないし、
第一、このルールではこんな安い手でリー棒など出したくはない。
なので、私も6mを打つだろう。やや無理目ではあるが…

しかし、この人の言っている一般麻雀というのが、
まだ、“(時代が)古い”と思うのは私だけだろうか?

私は以前、
古賀まこと2世氏のブログ(第23問 何切る問題)にて、
こんなコメントを残している。

どうも、この人の麻雀観は“古い(ふた昔ほど)“と言わざるを得ない
(加藤氏の麻雀観に糾弾した記事はこちら。)
[古賀氏の見解はこちら。]
このコメントは“構え方”について糾弾したものだが、次はルールだ。

私の解釈は…
一般麻雀:赤有り半荘及び東風(いわゆる、フリー)
競技麻雀:赤無し半荘・赤無し即裏無し(後者は連盟Aルールなど)
こうである。

赤無しをベースにすると、
一般麻雀:赤無し半荘
競技麻雀:赤無し即裏無し
こういう解釈になってしまう。

私は麻雀問題を出すときは、必ず“ルール”を載せている。

なぜなら、同じ手牌・点棒状況・捨て牌でも、
ルールによって打つ牌(正解)が全く変わってしまうから。

なので、今後の方針ですが・・・

1.土屋師走が書籍やデイリースポーツ、
MJの実戦譜などから問題を出題。
(中スポは・・・古賀氏に任せます)

2.ルールは必ず表記します。特に表記が無い場合、
デイリースポーツから出題する時は主に連盟Aルール
赤有りは極力MJルール、赤無しは出題者によりますが、
基本的に日本スポーツ麻雀協会公式競技規定
全国麻雀段位審査会競技規定
日本プロ麻雀協会競技規定
(本音はこちらをメインルールにしたい。
理由は順位点が違いすぎるため、
あの2人からの出題では合わない)
以上の3ルールを軸に致します。

3.解答
構成は、
前回問題のおさらい→出題者の解答→
土屋師走の見解(結構コメントはきつめ)→コメ返し、
という順に構成していきます。

4.最終方針
私は出来る限り、正解を導きさせてあげたいので、
ルールを必ず表記いたします。
解答を間違えるのは別にかまいません。
そこから修正していけばいいのだから。

最後にコレを張り付けて終わりとします。

[師走の麻雀問題:番外編2(加藤俊輝氏の麻雀観と私師走の麻雀観2+今後の方針)]の続きを読む
スポンサーサイト

LeMUメンバーの土屋師走です。

21日は14回目のLeMU内戦(三麻)でした。
朝も早くから、前日に金券ショップで購入した、
阪急の回数券(2枚)で南方(HLS西中島)へ。
開店してすぐに入店すると、Azazel氏来店。
DSC03961.jpgDSC03955.jpg
一応、不正防止のため、
サテの右端(12サテ)に私が、左端(1サテ)にAzazel氏が鎮座。
いざ、内戦へ…
DSC03952.jpg
今回はこの3アバターで参戦。
このうち、一番左のやつは当日に仕上げますたw
STIL0151.jpgSTIL0140.jpgSTIL0136.jpg

・今回用意したカスチャ

宜しくだぜぇぇぇぇぇ~~~~~

トゥットゥルー♪(´・ω・`)

ドヤァ!!ワイルドだろぉ~~

ありがとうございます

只今、動画撮影中 (今回は動画非撮影)

跳ツモ親被りが私の逆転ボーダー

点差がありすぎる。二着もやむ無

まだまだゲームはわからんぜぇ

今曲げないで、何時曲げるの!?

曲げるなら・・・\今でしょ!/

水色の部分が、
STIL0151.jpg
この↑アバターに合わせたカスチャですw
モデルは今更言うまでもないでしょうww


・今回マッチングしたメンバー(敬称略)
ライス.H、†水鏡 秤†、ANZA†Kei、キースブラック、
BUNT、☆An´ε`zu★、Katsu.S(リーダー)

なお、内戦の結果はご覧の通り。
DSC03968.jpg

その後は、イベントを片づけ、適当に半プロ…
(イベント中、Azazel氏に
「半プロやれや~」って突っ込まれました)
この時メイン、サブ共に規定試合まで消化をしていなかったので、
そちらを優先。半プロは後回しでw
STIL0141.jpg
LeMUメンバーの土屋師走です。

6月7日(土)。
この日はMJを打つ予定ではありましたが、
“遠征”というプランはありませんでした。
というのも、あの問題を解決しに行くために、である。

「本人に直接会いに行って、解決しに行くしかないな・・・」

そこで、前日に京都⇔大垣間【往復】の切符を購入。
9時前に出発。道中、デイリースポーツも購入。

大垣下車後はバスでアリババ(今回の行先)へ行こうとしたが、
大垣に着いたのが11時過ぎ。バスは40分まで来ず。

「30分も待ってられん!こうなりゃ歩きだ!!」

そこから、駅の北口へ行き、
まずは18号線を目指す。NAVITIMEの地図アプリを見つつ、
18号線へ。その後は池尻町を目指し、18号線を北上。
池尻町に来たら、杭瀬川方向へ曲がる。
こうして、50分ほどかけて…

ゲームハウスアリババに到着。
途中、コンビニでの一休みを挟んでいるので、
到着した時には、すでにプロリが始まっている時間でしたw

アリババは店内の真ん中に旧筐体(CRT)、
奥のやや右側に新筐体、ライブモニタは2台稼働の計10台である。
DSC03905.jpg
(写真は店内右奥)

私は来て早々に新筐体
(ライブモニタのすぐそば。一番右)に陣取った。
小一時間ほど半プロを打っていると・・・
古賀まこと2世氏
所用を済ませた[模様の]古賀まこと2世氏登場。
DSC03895_20140613005401dd7.jpgDSC03896_20140613005403463.jpg
(写真はメイン×メイン、サブ×メイン。サブ×サブは当人のブログにて)

半プロで結果(リーグ昇格昇格スコア)がなかなか出ないので、
サブで三レギュを経由したあと、メインでイベサンマ参戦w
DSC03897.jpg
最初の8試合はネタにしづらい平凡なスコア…
DSC03898.jpg
ところがその後・・・
DSC03901.jpg
DSC03902.jpg
次で70ぐらいのトップを取れば、“入賞”での予選通過まで来た。
しかし・・・
DSC03904.jpg
沈み2着でスコア上乗せできず・・・

で、当日の結果がこう。
DSC03903.jpg
結果、半プロの不振をイベサンマで返すこととなった。

19時を過ぎ、古賀氏と隣のラーメン屋にて食事。
中日スポーツが置いてあったので、
すぐさま当日の麻雀問題を確認w(6月の出題者は加藤俊輝氏…)
う~ん、やっぱり解答は合わない。
(というより、私見だが現代麻雀でこの選択をする人は殆どいないだろう)

終電が迫ってきたので、古賀氏の車にて大垣駅へ。
その前にアクアウォークへ寄る。
移動中の車内や2階に行く道中では、
古賀まこと2世氏のHNの由来が判明。
同時に私のHNの由来も伝えましたw(私はTCG関係)

2回の本屋には・・・

勝つための現代麻雀技術論勝つための現代麻雀技術論
(2014/04/09)
ネマタ、福地 誠 他

商品詳細を見る

置いてありました、1冊!


超精緻麻雀 -多角的思考による盤面把握- (マイナビ麻雀BOOKS)超精緻麻雀 -多角的思考による盤面把握- (マイナビ麻雀BOOKS)
(2014/04/15)
ASAPIN

商品詳細を見る

こちらは置いてませんでした・・・

最後にセガワールドに寄って(MJは未プレイ)大垣遠征はここまで。
DSC03906_20140613023236737.jpgDSC03907_20140613023237028.jpg

追記にて今後の麻雀問題並びにコピペについて。
(言い訳がましくなるが・・・)
[初夏の(緊急)大垣遠征[画像大量使用のため、閲覧注意]]の続きを読む
STIL0140.jpg
LeMUメンバーの土屋師走です。
取り急ぎ、イベント(タイトル通り)の途中経過を。

・東風戦
DSC03885.jpg
斎木師走@10P:東風戦:+189.5(16試合)

・三麻
DVC00081.jpg
Haniel:三麻:+193.9(38試合)

今大会ですがメインを東風、サブを三麻に参戦させています。
サブは(所属チームの)団体に入っています。

両者とも予選を通過することが出来る位置にいる[と思う]ので、
これで、メインカードの半プロに集中できる、かな?
[第37回全国大会予選・途中経過(6月5日終了時点)+1年3か月ぶりの半プロ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。