中心はMJ5R-EVOですが、麻雀全体、ということで。

2013/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/08

(現在の)MJ5R-EVO(2014.9.30更新)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
STIL0032.jpg
LeMUメンバーの土屋師走です。
まずは、前回の麻雀問題の正解発表とコメ返しをいたします。
さて、前回の問題は・・・
マイナス8000点の3位で迎えた南二局の北家。
トップ西家との差は2万点。
北家としては、この辺で満貫クラスのアガリが欲しい。
さもないとトップは遠のいていく。
せめて2度目の親番でも残っておればよいがそれもない。
となれば、安手をアガって局を進めることは厳禁。

一一一(11122)77889 ツモ:(3) ドラ:八

図は2p、7s、8sのどれが入ってもツモり四暗刻の
超大物手となる北家の手牌。
ところが8巡目に入った牌は3p。ではツモ切りでよいか。
出題者である新日本麻雀連盟会長・石井新一氏によると…

役満は、誰もがあこがれるアガリ役であるが、
ここは夢を追うことなく打2pとして聴牌に取る手。
そして狙いは9sでアガる純チャン一盃口。
でも、リーチをかけるかダマで狙うかは場況によって決めたい。


なので、正解は2p。

ここからは私の見解になるが・・・

私は、このままノータイムで3pをツモ切りする。
純チャン一盃口狙いは、アガリ牌が9sのみと指定される上に、
安め6sを引くと目も当てられない。
ここは一手遅れてしまうが、狙いはツモり四暗刻狙いとする。
これならロンアガリでもマンガンになる。
では、コメント返し。

>Azazelさん
新雀連のルールだと、二盃口は2ハン役になっていますね。
3ハン役なら、巡チャンニ盃口狙いの1m切りも一理ありますが、
安め引きのリスクや受けの狭さを考えると、
(前者:3種10枚、後者:5種13枚。このうち条件を満たすのは、
前者:2種6枚、後者:3種6枚)
やはりツモ切りでしょうかね。せっかくの超大物手のチャンス。
このチャンスは最大限に活かしたいですからね。

さて、私のブログでも今まで計5問の麻雀問題を出題しました。
最初の問題が私の完全オリジナル、以降、
(ここから敬称略)
小島武夫、小倉孝、渋川難波、石井新一。
(敬称略ここまで)
毎問、違う雀士から出題しました。

同じLeMUメンバーである古賀まこと2世氏の麻雀問題にも頻繁に回答していますが、
私の場合、こういった問題を出すときは、必ず、ルールを載せています。
ルールによっては打牌も構え方も大きく変わるためであり、
あちらの麻雀問題では、石井新一氏は新雀連ルールを想定、
あとの2人(橋本光海氏・加藤俊輝氏)とそれ以外は
特に制約が無い場合、赤無し半荘戦を想定して回答しています。
このうち、前回・前々回と古賀氏が出した問題(複数アリ)について、
もう少し突っ込んでみたい。
(ここから引用)
二三四(233478)24北北 ツモ:(5) ドラ:(2)

東一局、南家の5巡目。
三色を狙うか、ピンフを狙うかという選択。
好調時なら何を打ち、不調時なら何を打つか…という問題でした。

正解から…出しちゃいましょう。正解は…
好調時:八筒切り 不調時:二索切りでした。
この問題の出題者、麻雀評論家の加藤俊輝氏によると…

三色意識なら打八筒が妙手だが、不調時に来るのは一筒で三色崩れとなる。
ここは東一局、あせる必要はなく、カンチャンよりリャンメンで打二索、まずは安くても先制狙い。

…とのこと。
今回は「好調時なら○○、不調時なら○○」と問いかけられた以上、この解答になりましたが、
私個人としては、二索切りをオススメしたい。カンチャンよりリャンメンという意味で。
(引用ここまで)

この、好調時不調時だが、
私は回答する時、そういった精神論は一切排除して回答している。
あくまで回答は(大まか)目に見える情報を元に、だ。
そういったオカルトが絡むと打牌や構え方が滅茶苦茶になるからである。

この問題で私は2sを選択している。
考えとしては、このツモ5pの時点で三色は狙いからはずし、
両面でリーチを打つことを狙いにする。
三色は構え難く、チーテンはこの時点ではパワー不足だからである。
赤アリなら赤5sの受けがあるため、2sからだが、
赤無しなら4sから切って、実質手牌12枚で構えてもいいだろう。

この回答の最後に私は、
「この人の麻雀観は“古い(ふた昔ほど)”と言わざるを得ない」
とコメントを残しました。理由は追記にて。
DSC02736.jpgDSC02735.jpg
[前回の問題の解答+加藤俊輝氏の麻雀観と私師走の麻雀観1]の続きを読む
スポンサーサイト
STIL0032.jpg
LeMUメンバーの土屋師走です。
“京都市”と大都市から全国の皆様に麻雀問題を出題いたします。

今回の出題元は、新日本麻雀連盟会長・石井新一氏です。
※7月13日の中日スポーツに掲載されたものです。

新雀連からの出題のため、
ルールは新雀連・京都本部の公式競技規定を採用させていただきます。

大きな特徴として、
・即裏、カンドラ、赤無し
・フリテンリーチ不可(=リーチ後の選択アガリも不可)

詳しいルールについては新雀連のサイト内にある、
新雀連・京都本部:公式ルールをご覧ください。

マイナス8000点の3位で迎えた南二局の北家。
トップ西家との差は2万点。
北家としては、この辺で満貫クラスのアガリが欲しい。
さもないとトップは遠のいていく。
せめて2度目の親番でも残っておればよいがそれもない。
となれば、安手をアガって局を進めることは厳禁。

一一一(11122)77889 ツモ:(3) ドラ:八

図は2p、7s、8sのどれが入ってもツモり四暗刻の
超大物手となる北家の手牌。
ところが8巡目に入った牌は3p。ではツモ切りでよいか。

さぁ、皆様はどうしますか?
なお、正解発表とこの記事のコメ返しは次回以降の更新時に行います。
ご了承ください。それではまた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。